So-net無料ブログ作成
検索選択

岩手県にて、ボランティア活動。 [ボランティア活動]

GWの後半、ツアーに参加して岩手県でボランティア活動をしてきました。こちらです↓^^

岩手県災害ボランティアセンター×名鉄観光サービス盛岡支店
「東日本大震災 復興支援で活動する災害ボランティア募集」http://www.tvac.or.jp/tuna/21268.html

GW中のツアーを探したのですがどれも一杯で、このツアーが「今4名だけあいています!」ということで即決。一人で初めての災害地労働です。
バスでの移動、宿泊、食事もついていて楽だし効率が良い。旅行会社こそ営業しているホテルと足を結びつける専門なのだから、もっとこんなツアーがあれば良いと思った。帰りに寄った温泉ホテルは素晴らしかったが今は観光客は来ないだろう。何とかならないものかな。

夜行バスは緊張していたのかあまり眠れず。気分的には「被災地⇔東京」だったが朝になったら素晴らしく気持ちの良い景色に迎えられた。バスの窓からはあちらこちらに桜とこいのぼりが見られた。

110507_082129.jpg
イーハトーブだぁ・・・

内陸部は、ライフライン的にかなり厳しかったようだが景色は美しく一見何も変わらないように見える。ところが沿岸部に下ると景色は一変。崩れ落ちた堤防、乗り上げる船、水の力はこんなにすごいのかと改めて思う。

110507_095835small.jpg
「♪神はもの言わぬ花に姿を変えては、うずくまる人励まし続けてゆくだろう。」by GLAY

110507_094007small.jpg
釜石市。釜石市はこれでも堤防があり被害が弱まった。その分南北に勢いが分かれ、大槌市と陸前高田市に大きな被害が及んだそう。

110508_154816small.jpg
解体が決まり、本日はまゆりは民宿の上から降ろされた。

大槌市ボランティアセンターに到着し、いよいよ仕事。6班に分けられ、リーダーを決め、仕事の指示を受ける。私の班は個人宅の片付け。ご夫婦に迎えられ希望を伺う。家の中は流れ着いたがれき、あらゆるもの、家具、泥でいっぱいである。とにかくこれを片付けるのが今回の目的、と必死にゴミを取り、泥をすくい、運んだ。とにかく色々なものがあって掘り進むと何が出てきてもおかしくない状態。冷蔵庫回り、やばい。としか書けない。とはいえ、時にはお金が出てきて、ヤッター!と笑ったり、変な所に変なものがあって「いったいどこから来るのやら~」と奥様と苦笑したり、全体的に明るく一生懸命な心意気であった。床が見えたときは感動した。あまりに皆一生懸命なので午後は少し休憩を入れた。

宿泊は釜石市の陸中海岸グランドホテル別館。ロビーで社長さんがお話してくださった。何度も笑いが起こる素朴で楽しいお話。それでも話の中には「家が流され・・」「行方不明で・・」と現実が混ざる。晩御飯は「本当は釜石の海の幸を楽しんで頂きたいところですが、普通の家庭の食事で申し訳ない」とおっしゃっていたが、とてもおいしくて有難く完食。夜はたばこ吸いの人々を中心に、ロビーで宴会が続き楽しそうだったが煙がダメだし、体がヘロヘロで参加せず。体が痛いので大浴場に二度訪れる。

翌朝は5時に盛岡市で震度4の地震があり、目が覚めてしまった。
ボランティアセンターから再び同じお宅へ。計1日半で5部屋を7人で片付けて終了。爽やかで元気なご夫婦に最後にご挨拶。すると、ありがとうと言ってきれいな奥様が泣いていた。(;_;) 私たちは終わったら帰る。でもこちらではこの状況と毎日ずっと向き合っていくのだと実感。そして元気でありながら胸の奥につらい気持ちをしまっている。ご主人と握手して、車からたくさん手を振った。

2日目午後は、河原の掃除。鮭が上る川だそうで、きれいにしてまた来てもらいたいとのこと。しかし、やはりゴミとがれきだらけでキリがない様子。もっと続けたい思いで一杯だが、雷が鳴り、雨ポツポツ。川辺の雷は危険とのことで、途中で終了となった。

帰りは現地添乗員さんの温泉訪問の提案に満場一致で賛成。つなぎ温泉の「紫苑」旅館に伺う。http://www.hotel-shion.com/ 素晴らしいお風呂だった。添乗員さんのお話もいつも面白くて爆笑たびたび。でも苦労話とともに、「我慢強い岩手ですが、我慢も限界にきております」 被災地がつらい生活を送っていることを周りの人に語ってほしい、忘れないでほしい とのことだった。

110508_174427small.jpg
遠野市にある重要文化財の千葉家。wikiのフォトの方がきれい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E8%91%89%E5%AE%B6%E4%BD%8F%E5%AE%85

110508_175016small.jpg
再び癒される美しい景色。


その後、盛岡市で食事。「車ですぐです」と言われていたがなかなか着かないので、山猫軒にでも連れて行かれるかとww。「車ですぐ」の距離感が違うかもしれない。チョイスができるエリアでバスを停めて頂いたが、ほとんどがぴょんぴょん舎に向かい、大広間でプチ宴会状態となった。ツアーメニューはこれで最後、あとは寝るだけ。皆さん少しほっとしたのか、というか私はずっと気が張っていたのでほっとして、顔がゆるんだ。釘の踏み抜きやガラス等の怪我もなく迷惑をかけずに済んで本当に良かった。

110508_213808.jpg110508_214741.jpg

行きと違って、帰りのバスはよく眠れた。2日間の労働は短いようだが初心者の私には適していた。移動、宿泊が確保され、被災地に行くのに体力をフルに労働に使える。そして色々な方の話が聞けたことがとても良かった。
今日のニュースによると、釜石市のがれき撤去は3年かかるとのこと。http://www.tweetdeck.com/twitter/nhk_kabun/~pbjFj 片付かないと心が休まらないと思い、胸がざわざわする。川辺も掃除したい。また行きたいと思った。 (なんかよいツアーがあったら教えてくだちい。。)

110508_160229small.jpg
民宿の上の観光船はまゆりを見た後、振り向いたら巨大虹が!これではわからないけど、この上にもう一つ虹があってダブルレインボウとなっている。
nice!(24)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 24

コメント 19

ぷーちゃん

先ずは、ボランティアご苦労様。
無事のお帰りで何より。
民宿の上から船をおろすシーンはTVで
見ましたよ。活動報告からも
被災地の方々は、これからも我慢のいる
生活が続く事がよく分かりました。
by ぷーちゃん (2011-05-11 21:06) 

ベアトラック

大変お疲れ様でした。
最後の1枚の写真、素敵ですね。
ダブルレインボー・・・吉兆ですよ、きっと。そう信じたいです。
by ベアトラック (2011-05-11 21:28) 

てんとうむし

桜とがれきの対比に心が痛みます。
そして虹と冷麺にほっ・・・☆

機会があったら私も行こうかな。
by てんとうむし (2011-05-11 22:21) 

nomame

お疲れ様でした。
素晴らしい経験をされましたね。
いつか私も行ってみたいです。
by nomame (2011-05-11 23:38) 

bluebird

GWに入る頃から、「ああ、もうすぐdukeさんボランティアだ・・」と心配で。
余震は続いているし、ベアさんが「小柄で華奢な方だよ」と行っていたので。
無事に戻られて本当によかったです。
そして、お疲れ様でした。

自分も何かしたい、そんな気持ちがいつも心の底にあります。
思い切って動いてみようかなぁ・・
by bluebird (2011-05-12 13:13) 

YaCoHa

凄い・・・。
本当にお疲れ様でした・・・
何もしない自分が恥ずかしいのですが記事を拝見して感激しました。私も行動しなければ・・・と思っていつつ何もできない(何もしない)自分がいます。・・・

by YaCoHa (2011-05-12 22:17) 

katsura

お疲れさまでした。そして、ご無事でのお帰り、ほっとしました。
ガレキ撤去三年ですか…。
少しでもその年月が縮まるよう努力しないといけませんね。
わたしも微力ながら、役に立てるようにします。

GLAYの詞もいいですね。GLAYもバクチクが落ちついたら(?)、きちんと聴いてみようと思います。
by katsura (2011-05-12 22:53) 

aranjues

ご苦労様でした。貴重な体験されましたね。
民宿の上の観光船、そのまま残そうという話もあったようです。

by aranjues (2011-05-12 22:56) 

箱屋

故郷の為にありがとうございます。
by 箱屋 (2011-05-13 00:08) 

tamako

お疲れ様でした。
私も被災者の方々の力に少しでも力になりたい、何かできないかなって思いました。
大切なのは、ずっと忘れないことですよね。
これから何年もかかる復興に、応援し続けていきたいです!
私も体が不自由じゃなかったらボランティア行きたかったな・・・。
こういうボランティアツアー、もっと増えるといいですね。
by tamako (2011-05-14 23:37) 

duke

★ぷーちゃんさま
私も見ましたよー。船、降ろしてましたねー。ホントに早く普通の生活が、平穏な毎日が戻ってほしいです。

★ベアトラックさま
ダブルですごくきれいでした!多くの人が見てるといいですね。

★てんとうむしさま
桜、あちこちで咲いててとてもきれいだったんですよ。現実が痛い感じもしたけど、なぐさめてくれてるみたいでした。6月、よろしくね!

★nomameさま
今回は私で役に立つかな?と疑問だったんですけど、、、。これからも続けて行きたいと思ってます。

★bluebirdさま
心配して頂いてありがとうございました。思いが伝わって、守られていたのかも?^^ やっぱりとても危険ではあるので、釘とか踏まなくてよかったです。作業中必死だと気を付けようがないので。ありがとうございます。

★YaCoHaさま
YaCoHaさんは充分日々身近な方に寄り添っていらっしゃると思います。色々な形があると思うので!!^^

★katsuraさま
心配してくださって、ありがとうございました。重機がぐわーーっと入ればいいと思うんですけどね、川辺の掃除や家の中とかは人じゃないとできないですよね。それにゴミになったもの一つ一つが、昨日まで人が大切にしていたようなものばかりで悲しかったです。

★aranjuesさま
ありがとうございます。これからも続けたいと思います。結構観光船の乗っかった姿は象徴的にメディアに登場していたようなので、記念碑のように残そうという話、あったみたいですね。

★箱屋さま
とんでもございません。岩手は安比に何度か行きましたが、今回一層身近に思うようになりました。日本人ですし!
by duke (2011-05-14 23:47) 

duke

★tamakoさま
ずっと被災地で頑張っていらっしゃるボランティアの方もいらっしゃって本当にすごいと思うけど・・。もっとたくさんの普通の人が役に立てるようなシステムが充実すればいいなと思います。
tamakoさんは素晴らしいお仕事をしているし、何であれ一生懸命生活していれば、間接的に復興に貢献することになると思います。
私は非力ですが・・現地ではtamakoさんの分も頑張ってきますよ!まかせて^^
by duke (2011-05-14 23:53) 

TaekoLovesParis

ボランティア参加のようすがよくわかるレポートでした。TVの報道よりも、
お友達のdukeちゃんが、見てきてくれたレポートの方が私には、近親感
があります。静かな写真が多くを物語っていますね。
by TaekoLovesParis (2011-05-15 09:02) 

アヨアン・イゴカー

安全靴も推奨なのですね。ボランティア活動される皆様には、本当に頭が下がります。

by アヨアン・イゴカー (2011-05-15 14:52) 

kazu-m

dukuさんお疲れ様でした。
そして御無事で何よりです。
僕は、中越沖地震の時に、企業ボランティアとして参加しました。
人数がそろっている事もありましたが、かなり危険な作業もあったり、えっとおもうこともあったりして、ボランティアのあり方について、色んな事を考えさせられました。
しかし、今年のGWには、dukuさんとは正反対の、物見遊山の人達も多かったと聞き、やるせない気持ちでいっぱいです。
by kazu-m (2011-05-17 22:54) 

roseadagio

お久しぶりです。
奥様の涙のくだりは、読んでいて目頭が熱くなりました。たった数百キロしか離れていない場所での過酷な現実。。戦いは続くのでしょうが、後押しはしていきたいと思います。
by roseadagio (2011-05-24 14:59) 

yama

dukuさん、はじめまして。
nice!頂きありがとうございます。日程は異なるようですが、同じ名鉄観光の災害ボランティアに参加されたのですね。大変お疲れ様でした。

私も遅くなりましたがようやくブログにまとめたところです。よろしかったらご覧ください。冷麺おいしかったですね。
by yama (2011-05-29 21:11) 

laysy

ボランティア活動、慣れない仕事で大変だった事と思います。
お疲れさまでした。
ボランティアツアーってあるのですね。
行く気持ちと元気がある人には良いものですね。
私も出来る範囲で何かをしていこうと思います。
by laysy (2011-05-30 01:27) 

くにちゃん

お疲れ様です!ありがとうといってくれると励みになりますね。
by くにちゃん (2011-06-07 15:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。