So-net無料ブログ作成
検索選択

宮城県にて、ボランティア活動。 [ボランティア活動]

2011年6/24-26で、宮城県にボランティア活動に行ってまいりました。
今まで2回は、名鉄観光盛岡支店のツアーだったのだけど、今回はJTBのツアーです。

24日23時、いつもの東京駅鍛冶橋出発。隣が名鉄陸前髙田行きのバスだったので、お友達を見送る。
\(^o^)/イッテラッシャ~イ
23時に出発し、佐野SAで30分の休憩、そして4時、国見SAに着き、6時40分に出発。出発時の案内でそこで朝食と身支度を済ませておいて、とのことでした。寝静まったバスの中、5時半位にパーン!!と発砲のようなごう音が起こり、バス内全員が目を覚ます。その音は、ガテンな私の友人がパンの袋を威勢よく開ける音だった。「あたし1時間じゃ準備できないからさぁ~!」。。。いい加減起きた方がいい時間なのでまぁ許されるかなぁと一人で動揺するww
しかし国見SA,食事エリアは激混みだし、洗面台もあまりなくて、ちょっと不便だった^^;ショウガナイカー。

仙台市津波災害ボランティアセンターに到着し添乗員さんが手続き。そして岡田サテライトボラセンに向かう。そこでは、ボラセンの方がリーダーになる体制で、「畑の片づけをやります。はい、何名~」のリーダーの声掛けにワラワラとそれぞれに集まる。私、ガテン嬢、ナチュラルエレガンス嬢は「個人宅泥出し」業に参加した。既に5名の男性が作業を始めており、私達の後に7名のNPOから来た方が加わった。中のものをとにかく出す。衣類、たんす、流れついた木や押し上げられた畳等が泥とともに詰まっている。3か月経つと泥の質も変わってきた感じで、普通の泥っぽい。相変わらずの汗だく。縁側から畳を立てかけて通路を作り、一輪車で泥を家の中から出す。一輪車をネコというのは、車輪の幅さえあればどこでも通れるから、とガテン嬢が教えてくれた。ずっしり重い泥を積んだネコで通路を降りるのが怖かったが次第に会得した。休憩時には家主様がさくらんぼお茶を出して下さった。アリガトウゴザイマス^^ 

110625_102213small.jpg

遠くを見ると、防砂林の松が点々としている。本当はそこが密生しているが波に流された。そして見事に海まで見渡せるようになってしまった。近くの高速道路が高さ8mだそうで、そこに逃げられた方は助かったとの事。辛い。家主様が、色々話してくれたが、赤ちゃんを実家に見せに来て、赤ちゃんだけ波にさらわれた・・出産に戻って来て助からず・・ここでは悲しい話ばかりだよ、等々。今は会社にご家族と住んでいて、週末ごとに一人で来ていたので、皆でやってくれて助かるとおっしゃっていたが、元気はなかった。

バスが迎えに来るので帰らなければということで、2時半に撤収して車で去る。一日ではやりきれず、明日も続くが私達は明日は違う仕事だそう。できれば続けてやりたかった。岡田サテライトに帰ると、他の班はまだまだ戻らず、随分と待った。

バスで出発し、仙台駅前に向かう。早くも夕食である。一緒に作業した女子で利休の牛タンを食べに行くことにした。スペシャル仔牛のスペシャル定食を頼んだのだが、実力不足で食べきれなかった。ガテン嬢は早々と完食。サスガ!しかし仔牛の牛タンは今まで仙台で食べた中で一番おいしかった。これからはスペシャルで行こう。秋保温泉に着き、部屋は一緒に申し込んだ3人部屋。別館のエコノミーバージョン。秋保温泉は仙台のアラバキロックフェスの帰りに友と訪れた場所!アラバキはいつもGWにあるのだが、今年は中止でなく延期。8月の開催となった。

110625_184630.jpg110625_184716.jpg
仙台駅周辺はすごい活気!嬉しかった^^

翌日、5時起きの6時出発。お仕事は軽作業と聞いていた。日曜帰りだと作業が半日になり、そういうことかぁと納得。しかし、たまたま南三陸町で「福興市」が開催されていた為、その手伝いに向かう。道中南三陸の被害について説明を受ける。佐藤町長、防災センターの話。避難を2階でアナウンスし続けた女性の話。胸が非常に痛んだ。そして現場に到着。花がたむけられていて辛い。

佐藤町長のインタビュー記事http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110315/dst11031505490009-n1.htm

110626_081201small.jpg
110626_081822small.jpg
110626_082322small.jpg

辛いけど、みて下さい。
11010513250995s.jpg
津波前の防災センター

vlnews033067.jpg
右上が防災センター

minamisanriku_tsunami_11mar2011s.jpg
屋上に押し寄せる波

pa1302045568068s.jpg
手すり、鉄柱につかまって10人が助かった。

こんなに恐ろしい事があるんだろうか。現代で、日本で。どうして善良に生きている普通の人々がこんな思いをしなくてはいけないのか。そこに何の意味があるのか。悔しくて悲しい。
広い範囲で街がこのようになった水の量、力を考えて体と心が震える。改めて、このような経験をした場に自分はいるのだと自覚した。

そういえば、被災の説明後バス内はしんみりと厳粛な空気が流れ、バスが止まり、「少し停めますので、被災地の状態を感じ取ってください」の案内でガサガサと全員が動き出すと、それまで爆睡していたガテン嬢が目を覚まし、「な~に~何止まってんのぉ~なんで降りるのぉ~」とバス中に声を響かせた。まぁ寝てるってこともあるわな、と一人動揺しながら自分をなぐさめたwww

福興市では、なんだかんだで募金係。手伝いをしているNPOさんの指示で募金看板を背中にしょって、声を張り上げて募金を募った。雨の中、結構多くの方がお金を入れてくださった。「募金したいけど、私はもらう方なんでね。。」と声をかけてくださる方も何人か。復興委員会で使われます!と心を込めて伝える。

110626_110641.jpg
雨でも盛り上がる!

ところが、何の理由か一時間で撤収の指示。(募金活動は色々難しいのだろうか、その後はNPOスタッフの方のみでやっていた。)ともかく「お金を落として、楽しく盛り上げて下さい」とのこと。地元ブースのロールケーキを買い、ばなな焼きを買い、やきそばを買い、お肉屋さんに来たら「BBQできますよ」とのことで、購入。あわててビール購入。
すると完璧に準備された炭火コーナーに通され、こんなことに^^;。
あーー何しに来たんだーーと思いながら・・おいしかった、宮城県のお肉。

110626_111814.jpg110626_111421.jpg
                                AKBになって踊るユルキャラ達。

1時にバスが出発、ゲームセンターや飲食店のあるビルにスパがあり、そこでお風呂休憩一時間。帰路について22時過ぎに東京駅に到着。とても意義はあったけど、もう少し働きたかったかな。

ともかく、まだやる事は多いし、見るだけで途方に暮れるような状態もきれいに片付けて、気持ちが癒されてほしい。山の斜面の木の枝にぶら下がるいろんなものを取りたい。川底のゴミも拾いたい。人が遠くから手伝いに来てるという気配だけでも、少しでも心が和らいでほしい。また訪れたいと思います。

ナチュラルエレガンス嬢!お疲れ様でした^^色々とありがとう^^

nice!(19)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 19

コメント 8

ぷーちゃん

Sakaeさん、ボランティア活動お疲れ〜!
活動内容もそうだけど、
一緒に行ったメンバーの事が気になるじょ。
ガテン系にナチュラルエレガンスだって
(^m^) ウブブ
by ぷーちゃん (2011-06-29 08:07) 

ベアトラック

お疲れ様でした。
蒸し暑い日が続きますので、疲れを残さないように、体調を崩さないように、気をつけてお過ごし下さいね。
by ベアトラック (2011-06-29 13:06) 

tamako

防災センターの話は有名ですよね。写真見ただけでツライです、本当にたくさんの命が犠牲になりました・・・復興支援今後も続けていかないとダメですよね。政府は頼りにならないし・・・日本政府が嫌いになりそうです。職場では冷房も入れられない節電というお達しに、みんな無理しています。腹が立ちます。無駄はなくすけど無理はするべきではないとTVのインタビューで誰かが言っていました。ボランティアおつかれさまです。
by tamako (2011-06-29 19:30) 

TaekoLovesParis

Sakaeちゃん、お疲れさまでした。
ネコの操縦法もマスターして、たくさん働き、お役にたちましたね。
お花がたむけられていると、現実がのしかかってきて、辛さもひとしお
ですね。胸痛む話が、ここ、そこにというようすがわかります。話を聞く
ことも大切なボランティアでしょうね。さらに、こうやってブログ記事を通し、
伝えていくことも大切ですよね。
by TaekoLovesParis (2011-06-29 19:55) 

ゆみっさ

ボランティア活動本当にありがとうございます。
私はまだ宮城に行けてないので・・
仙台中心部は、もうだいぶ平常に戻っているようですが、
まだ復興という言葉とは遠い地域もたくさんありますね・・
心が痛みます。
私も従姉妹が石巻に居るので小さいころは防砂林やその近くでよく遊びました。
従姉妹の話や報道、個人のブログさんなどで見聞きすると
その林も海水浴場の防波堤も田んぼも全部津波で跡形もないとか・・
いまだに現実なのかと信じられません。

8月、私もアラバキ行きますよ~!
by ゆみっさ (2011-06-29 21:16) 

sasasa

ボランティアお疲れさまでした(^_^)
少しずつでも、こうしてみんなで力を合わせる事で、
復興も少しずつ進んでいくんですね。
by sasasa (2011-07-01 21:43) 

bluebird

まだまだ「復旧」ですよね。
なのに「復興」の担い手があれじゃぁね(`д´)ノ!!

お疲れ様でした。
辛い光景もご覧になったり、
現地の方の喜ぶ顔も見たり、
感情を揺さぶられたことと思います。
この思い、ライブにぶつけたんですね!

アラバキ!!
吉井さんによろしくおつたえくださいー!(笑)
by bluebird (2011-07-04 21:49) 

てんとうむし

アクティブ&エレガントなSakaeさん、こちらこそどうもありがとうございます♡
胸がいっぱいで、時間かかりすぎちゃったけど、私もやっとアップできました。

by てんとうむし (2011-07-05 00:00) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。