So-net無料ブログ作成
検索選択

岩手県大槌町にて、LIGHT UP NIPPON ボランティア [ボランティア活動]

8月10日夜~12朝で、岩手県大槌町に行って参りました。
LIGHT UP NIPPON、http://lightupnippon.jp/ 岩手県・宮城県・福島県の海岸10か所で、鎮魂と復興の花火を上げるイベントです。

23時鍛冶橋出発。朝5時にSAで洗顔、食事。そしてツアーの行程には観光が入っています。
めざすは世界遺産・毛越寺!この世の浄土をイメージして作られた浄土庭園。
110811_091057.jpg

本堂。本尊薬師如来(平安時代)、日光、月光菩薩を安置。そして右は常行堂(1732年に再建。
110811_083947.jpg110811_090535.jpg

美しく咲く、蓮の花。
110811_084653.jpg

曲水の宴が行われた。盃を浮かべて流れてくるまでに和歌を詠む・・平安時代の遊び・・。
110811_085803.jpg

さて、次は中尊寺へ。
天台宗東北大本山。慈覚大師開山。(850年)12世紀初め、藤原初代清衡公が多くの堂塔を造営。10年以上にわたる内乱で亡くなった方の例を鎮め、仏国土を建設するためとのことでした。

↓何かと何か。(泣)でも、きちんとお参りはして、お線香も購入したと記しておこう。金色堂は写真撮影不可。金がマルコポーロもビックリ、という感じだった。

110811_095350.jpg110811_094549.jpg

釜石から大槌へ向かう途中で、黙とうの時間となる。サイレンが鳴り、バスの中で一分間の黙とう。
110811_141005.jpg110811_144349.jpg

大槌の会場に着く。良く前を通る、スーパーの跡地であった。
110811_174623.jpg110811_150355.jpg
                            使用しないスーパーの中はこんな感じ。

まずはLightUp NipponのTシャツを受け取り、全員着替えた。
班分けをして、場所の分担を決める。私は外のローソンから会場までの区域。入り口の階段が危ないので誘導とライト係がいるとのこと。
110811_153826.jpg110811_153839.jpg
何があると、こんなにぐにゃぐにゃ曲がるのでしょう・・・。

時間があるので同じ班の方と散策に出かける。GWの時に来た、さわやまボラセンター方面へ。
110811_161445.jpg110811_161419.jpg
黒焦げの建物が、と思いきや、右の方は使えるらしく、災害対策本部となっていた。右はぽつねんと仏具屋さんが。11日なので、あちらこちらに花や飲み物などが置いてある。
ちなみにぽつねんと居酒屋もあった。

会場に戻ると、リハをやっていたり、もう会場に来ている家族も。各自持ち場に着くと、通る人に「何時から?」「酒はあるの?」「誰のコンサート?」などたくさん聞かれた。
110811_164248.jpg

6時半からT-Bolan 森友さんのコンサート。キーボートとチェロで、とても雰囲気があった。そして7時。すでに会場も会場の上の階段の並びも人でいっぱい。浴衣を着た子供さんが頭に光物を付けて楽しそうにしていたり、学校の友達と合流してワイワイにぎやかだったり、車に「・・先生~!」と皆で手を振ったり、大勢の方も家族の方も一人の方も、年齢を問わず楽しい雰囲気だった。鎮魂という言葉は立場によってとらえ方が色々だと思うけど、何はともあれ花火は胸をいっぱいにさせ、「祭り」というものは人々を活気づける。7時半になって花火が終了しても、会場の賑わいはかなり続いていた。

私は支援が本業になってしまったこともあり、大金が持続的ではない事に使われるのが少しひっかかる気持ちもあったけど、心を励ますものは何よりも大切、と携わってみて本当に良いイベントだったと思う。普通の幸せな日々から突然引き離されたできごと。亡くなってしまった方は自覚できるのだろうか。ふいに別れた家族を穏やかに見守ることができるのだろうか。それを思うと、空に上がった大輪の花が祈りを天にも伝えてくれ、復興に向けた誓いを天と地の両方に伝えてくれるような気がした。

バスが出る際、企画者の高田さんがバス内であいさつ。3月11日には今度は国際機関の依頼で、他国でも一斉に行うらしい。また、来年も行う予定とのこと。今回被害が大きくてできなかった陸前高田では、サプライズで100発あげる予定が、何百人もの人が集まったので700発あげられた、と教えてくださった。

もしかしたらボランティアツアーは最後になるかもしれないと思い、5回のツアーを振り返ってみる。どうかもう災害は起こらないで、この柔らかい空気のまま、復興の力をください、新しい元気な街になりますように、と心から思った。

※陸前高田の高校生の方 3.11当日の記録です。→ http://togetter.com/li/173769
ボランティア活動の心構えを新たにしました。

会場の写真をみつけました。震災直後はこんな状態の所。
article-2001984-0C7EE25800000578-286_964x1259small.jpg


都会の花火は機関銃のようにババババババ!!と打ち上げる音が聞こえて、次々大輪の花が空に浮かぶけど。。ドン、ドン、と一つ一つ上がるこの花火の美しさ、一生忘れません。たくさんの思いのこもったきれいな花火でした。
nice!(18)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 18

コメント 9

Sanchai

Sakaeさんが5回の訪問で育ててこられた三陸との絆がこれからも長く続きますことをお祈り申し上げます。
by Sanchai (2011-08-13 07:52) 

アヨアン・イゴカー

>支援が本業
やり甲斐がある仕事でしょうね、大変でもあるでしょうが。
by アヨアン・イゴカー (2011-08-13 09:12) 

nomame

ニュースでも大きく取り上げられていました。
お天気にも恵まれ、とても重要なイベントになりましたよね。
by nomame (2011-08-13 09:13) 

てんとうむし

Sakaeさん、ツアーへのお誘いありがとうございましたm(_ _)m
さすがです!アップがはやいっ!!
平泉の清々しさと(暑かったけど^^;)、被災地の瓦礫の落差が大きすぎて、驚きましたが、GWに大槌町での作業を体験されているみなさんの「きれいになってる!」という言葉にさらにビックリでした。
そのころは、あの何倍も傷が深かったんでしょう。。。
花火大会での私の持ち場は駐車場入り口整理で、現地のみなさんに直接ふれることができなかったため、Sakaeさんのレポートで喜んでいる様子を知ることができて感謝感激♡
ありがとうございます☆
by てんとうむし (2011-08-13 21:29) 

ぷーちゃん

ホントアクティブだあね。尊敬♪
去年に仙台と平泉に行ったんだよね。
まさか、311の災害があるなんて。
少しでも早期の復興と平穏を祈りたいです。
by ぷーちゃん (2011-08-13 21:40) 

katsura

お疲れさまでした。
Sakaeさんの心意気と行動力には頭が下がります。
本当に貢献の世界を本業にできるのは素晴らしいことですね。
by katsura (2011-08-14 23:11) 

ゆみっさ

仙台七夕も例年より人出は少なかったようですが、
実家の話によると、前夜祭の花火は、
いつも以上に地元の人たちが繰り出して相当な混雑だったそうです。
やはり、こういうお祭りは大事なのかもしれませんね。
私も明日から帰省で被災地も見る機会があるので
しっかり見てこようと思います。
by ゆみっさ (2011-08-14 23:54) 

箱屋

お疲れ様でした。故郷の為に、本当にありがとうございます。
(実は私、この花火イベント知りませんでした。)
被災した義母にも教えてあげたかったです・・・。
先週沿岸部に行って来ましたが、Sakaeさんや多くの皆様のおかげで見違えるように綺麗になっているところが多くて、正直、驚きました。(建物は無くなってるんですけどね・・・。)まだまだ先は長いのですが、被災当事者も頑張らなければいけませんね。私には何が出来るだろう?っていつも自問自答しています。(結局何もしない自分が嫌です・・・)
by 箱屋 (2011-08-29 23:04) 

Sakae

★Sanchaiさま
ありがとうございます。もっと行きたい気持ちでいっぱいです>_<

★アヨアン・イゴカーさま
復興は国の方針も規制も決まらず遅々としていますが、できることをやっていかなければ、、ですね。

★nomameさま
私もテレビで見ました^^今までみたどの花火よりも美しくて、良いイベントだったと思います。

★てんとうむしさま
車の誘導がなければ、あのイベントは大変なことになっていました^^; 警備の人が来るっていうのは、なんだったんだろう!?ホント、お疲れ様でしたね~。私はライト係で・・淋しかったけど楽ではありました^^;全行程、どうもありがとう!

★ぷーちゃんさま
ホント、まさかこんなことになるとは・・だよね(;_; 観光の足が早く戻ればいいなぁ。全てが早く落ち着きますように! 

★katsuraさま
転職して一か月やっと経ちました。まだまだひよっこで空回りの毎日です。早く貢献できるようにならなければ!

★ゆみっささま
帰省はどうだったかな!?私はもともとそんなにお祭り好きではないのだけど、今回、その土地に受け継がれているお祭りがとても大きな存在であることを知りました。そして、この花火も、すごく意義を実感しました。まもるべきものや、心を励ますものは大切ですね^^

★箱屋さま
だいぶきれいになりましたよね!でも~まだたんぼの中がプリン状になった泥だらけだったり、畑を掘るとがれきだらけだったり、まだまだ残っているのですよね・・一見わからないけど。。でもまぁ今は早く国の方針が決まって経済復興に踏み出さなければね!!
by Sakae (2011-09-17 18:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。