So-net無料ブログ作成

国連総会関連^^ [時事]

国連総会関連、面白かったです^^ 新しくなったアメリカ、日本。カダフィ大佐みたいな人もいるし[あせあせ(飛び散る汗)]
国連分担金もろくに払わず、気候変動に関しても核軍縮に関してもNOだったアメリカが、マルチラテラリズム(多国間主義)で世界をリードしようという気運。「アフリカ系アメリカ人として、米国でより完全な融合社会を求める持続的努力がなかったなら今の自分はなかったであろう」「変革は正義の立場に立つ人達によって築かれる」
やらなきゃいけないことをやるという事。どうやって?は残っても、とりあえずは率先して宣言するのには大きな意義があるようです[ひらめき]
2009-09-24T033249Z_01_NOOTR_RTRMDNP_2_JAPAN-116138-1-pic0-small.jpg
思えばこのような時にアメリカが議長国になるとは、オバマ大統領はいかに強運か!![exclamation]
安保理サミットの議長をアメリカの大統領が務めるのも史上初。内容も、米国が提出した「核兵器なき世界」を目指す決議を全会一致で採択。なんという素晴らしい事!!![ぴかぴか(新しい)]オバマ政権は国連人権理事会に参加し、第6回包括的核実験禁止条約(CTBT)発効促進会議に初めて出席。分担金の支払い、平和維持活動への支援の強化も約束。ブッシュ政権の政策を次々と覆しています。今までのイメージ・・自国の得になる事ばかり強く押し付け、義務は避けるといった印象も大きく覆す結果も出るといいですね!

ちなみに総会演説でオバマ大統領は何度も拍手を受けていたが、それらは・・・
米国による拷問を禁止 / 人権理事会に加わる / ダルフールの人々への支援 / 平和かつ安全に共存できる二国家、イスラエルとパレスチナの建設/ 中東和平を追求 などなど。

あのカダフィ大佐も・・・「オバマ大統領を誇りに思う。永遠に大統領でいて欲しい」
あのチャベス大統領も・・・「悪の硫黄臭が消え(=ブッシュ)希望のにおいがする(=オバマ氏)」
・・・愛されてます・・・。


そして、我が日本はどうなのかというと・・・[exclamation×2]

国連総会 
スピーチ→http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/21/ehat_0924c.html
「グローバリゼーションという世界的な相互依存の深化には、光の側面と影の側面があります。光の部分を伸ばし、影の部分を制御することが今日の世界の課題となっています。 貿易・投資の自由化を進める一方、市場メカニズム任せでは調整困難な「貧困と格差」の問題や、過剰なマネーゲームを制御する仕組みづくりのため、国際協調が求められています。G20を含む国際会議の場で、日本は共通のルール作りに向けて、「架け橋」の役割を果たしていきます。」
「これまで日本は、過去の誤った行動に起因する歴史的事情もあり、この地域で積極的な役割を果たすことに躊躇がありました。新しい日本は、歴史を乗り越えてアジアの国々の「架け橋」となることを望んでいます。FTA、金融、通貨、エネルギー、環境、災害救援など――できる分野から、協力し合えるパートナー同士が一歩一歩、協力を積み重ねることの延長線上に、東アジア共同体が姿を現すことを期待しています。」
→大切なお話。

核不拡散・核軍縮に関する安保理首脳会合
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/21/ehat_0924b.html
「わずか二発の原子爆弾によって20万人以上の市民の生命が奪われたことはもちろん、原爆投下から60年以上たった今日もなお、放射能の被害に苦しむ人々の姿を見て、私は心が詰まるのを禁じえませんでした。世界の指導者の皆さんにも、ぜひ広島・長崎を訪れて核兵器の悲惨さを心に刻んでいただければと思います。」
「我々は核軍拡の連鎖を断ち切る道を選びました。それこそが、唯一の被爆国として我が国が果たすべき道義的な責任だと信じたからであります。」
「日本自身が核軍縮・不拡散を主導する積極的な外交を展開します。」
「核保有国であろうと、非核保有国であろうと、核軍縮・不拡散に向けて行動することは地球上のすべての国家の責任であります。」
→良かったと思った^^ エモーショナルになりすぎるのも困るけど、核兵器が落ちるという悲惨な現実をもうちょっと語っても良かったのでは、とも思った。言えるのは日本だけなんだから。ところがそこらへんはオバマ大統領の方が過去じゃなくて未来の危機としてドラマチックに伝えていた。
あんぽり.jpg

G20 金融サミット
声明
・グローバル・インバランス(世界的な経常収支の不均衡)の是正に各国が結束して取り組むこと
・金融危機の再発を防ぐため、金融機関の自己資本比率の規制強化や報酬制限に取り組むことも確認する。
・持続可能な国際社会を実現するため地球温暖化防止策などでも各国は連携する方針

→アメリカの人が、「アメリカは買い過ぎだ!そんなのおかしい!がー!」って言ってた。。。アメリカが輸入しすぎだからこれを改めようって話。でも、それは仕方がないかな?アメリカは輸入の話になると制限したがって、輸出の話になると自由化を強く訴えるのは、どうなんでしょう。
 そして、トービン税に関しては話題にのぼったのかどうか。。日本は消費を拡大する方針を主張。
r.jpg1.jpg
そういえば・・前勤めてた会社のビルの「さぼてん」(とんかつ)から一人で出てこられたのをお見かけした事があったのを思い出した。

しょうもないNEWS
<<・・・何事かあったかと記者団が耳を傾けると、大統領は「(ピッツバーグ市内にある有名な)パメラ食堂のパンケーキを食べることができなかったんだ。鳩山由紀夫首相は食べたというのに」と続け、会見場からは笑いの声があがった。大統領の会見後、内外記者会見に臨んだ鳩山首相はさっそくこの話題に触れ、「別れ際に今朝、パメラのパンケーキを食べたことを申し上げたら、大統領は大変うれしそうで、『一緒に食べたかったな』と話していた」と明らかにした。>>
・・・ ̄▽ ̄;

・・といいつつ、見つけちったーー!!
Pamela's Diner
http://www.pamelasdiner.com/
p&g pancake.jpg
ピッツバーグにいたら・・食べてみたいな^^


お・ま・け
noname~00.jpg
オヤスミナサイ♪
nice!(34)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

アフガニスタン! [時事]

暑い中、昨日冷蔵庫が壊れてしまった。。。
昨日は凍らせていたものをガンガン料理し、冷蔵庫を買って、今来るのを待っています。
冷蔵庫は高いT_T 安いの買っちゃった。。。。´(・ω・)`
-----------------------------------------------------------------------
さて、アフガニスタンの大統領選挙はどうなっているのでしょうか!?
20日朝から投票が始まりましたが、タリバーンの投票妨害によって死者も出ています。

アフガニスタン、どうなっているんだったか・・・・。
2001年の911後、アメリカはイスラム原理主義勢力タリバーン政権に対して、ビンラディン容疑者の引き渡しを求めましたが拒否されたので空爆し12月にタリバーン政権崩壊。カルザイ氏が移行政権を司り、2004年の10月、大統領選挙に当選。タリバーンはゲリラ戦、テロ攻撃を続けている。NATO加盟国を中心とする国際治安支援部隊10万人が治安維持にあたっている。
今回のアフガニスタンによる大統領選挙に関しては、「米国に都合のいい指導者を選ぶだけのウソの選挙」とタリバーンは妨害。治安部隊のいない地方では攻撃の被害が大きい。「投票にいくな。行けば殺す。」「投票の印が指についていたらその指を切断する」などの脅迫状が貼られ、投票所の近くにはロケット弾が撃ち込まれる。135件の攻撃、26人の死亡を確認。本日、投票率は2004年の71%を下回り50%割れとの結果が告知されたが、カルザイ氏は選挙は成功だったとコメント。国連や国際監視団のメンバーは、戦争が続く国で行われた選挙としては「成功」だと評価を下した。
20090821k0000m030140000p_size5.jpg  20090821k0000m030119000p_size5.jpg  20090821k0000e050018000p_size5.jpg
投票に並ぶ人々              嬉しそうに投票するカルザイ氏        開票作業中 
                     
→アメリカは
  オバマさんはイラクとの戦いまで広げたブッシュ前大統領の方針は批判しているが、対タリバーンについては不可欠な戦争であると増員の理解を求めている。しかし世論調査では51%が「戦う価値がない」欧州も懐疑的のよう。選挙による政権基盤の安定がミソのよう。

→日本は
 「公正な選挙と正当性のある政府が生まれることが大切」とカルザイ氏にコメントを出した。日本は01年以降アフガンに1691億円の支援をし、米英に次ぐ3番目の支援国。しかし外務省は「投資者として配当が少ない」という思惑。アフガン政府は腐敗が横行し、改革の意思が見られないという残念な背景がある。

----------------------------------------------------------------------------------
話は変わりますがそもそもの私の興味のきっかけは「国際シンポジウム お母さんと子供の為に」です。
お世話になった方に勧められたので行ってきました。
viewimg.jpgImage685.jpgImage683.jpg
国連大学ウ・タント会議室にて(人が少ないのは休憩中だから)     アフガンの子供の絵の展示も!

世界では一分に一人、妊娠や出産が原因でお母さんの命が失われています。
UNFPA国連人口基金は「お母さんの命を守るキャンペーンを実施しているとのこと。
http://www.unfpa.or.jp/mothers/
・貧困を減らし、・望まない妊娠をなくし、・全ての出産が安全に行われ、HIV/エイズの脅威のさらされることなく生活し、・全ての女性が尊重され、・尊厳のある人生が送れるよう 様々な国の政策を支援しています。

色んな話を聞きました。高い妊産婦死亡率が下がらないスーダン難民の多いチャドの病院の様子(何もない小屋)、嫁が持参金を持ってくるため家族で共謀して嫁を殺し(次の嫁をもらうため)てしまうインドの話とか、生きてても重労働で死産などを経験し20歳には体がボロボロとか、、、中でも心に響いたのは、アフガニスタン人の駿渓スルタニ トロペカイさん(2000年日本帰化、現在 お茶の水大学客員助教授)のお話。女性の自立を助け、識字教育、職業訓練を行う「希望の学校」を設立されています。http://www.kibou-school.org/

~1977年 夫の留学のため来日。2年後、1979年ソ連が侵攻し10年間アフガニスタンは戦争状態でした。
  1989年 ソ連軍が撤退後、民族間の勢力争いが激化。タリバン対北部同盟の戦いとなる。
        23年間の内戦のため多くの人が殺され緑豊かなアフガニスタンは戦場と化してしまった。
  2001年 911後、10月のアメリカによる激しい空爆により多くの国民が犠牲となる。
         しかし皮肉な事に タリバン政権が崩壊した事により平和の兆しが見えてきた。
        当時の女性の識字率5% 妊産婦の死亡率は世界2位。
        2500万人のうち半分は女性なのに、「知能が低い哀れで不幸なもの」という認識。 
  2002年 8月 アフガニスタン帰国。想像を絶する光景。建物は破壊され、わずかに残っていても銃痕だらけ。
       昔の面影は全くなし。思想家、教師、医者、作家、政治家は殺されていた。
       国も人も精神的に病み孤児と戦争未亡人にあふれていた。希望の学校を設立。
       タリバンや政府内保守派からの女性教育の反対が強く、教育機関への妨害事件が起きている。
       「地球は一つであり、世界の人々はつながっています。私達は皆地球の子供です。」と言われ、涙でそうになった。

ladeis1.jpgimage21.jpgmds0808311217002-n1.jpg
(2004年)                街中に捨てられた戦車              ケシ畑
                                             先進国の病んだ習慣が資金源。

アフガニスタン・イスラム共和国
面積 652,225平方キロメートル(日本の約1.7倍)
人口 3,000万人(2008年:国連アフガニスタン支援ミッション)
首都 カブール
民族 パシュトゥーン人、タジク人、ハザラ人、ウズベク人等
言語 ダリー語、パシュトゥーン語
宗教 イスラム教(主にスンニー派のハナフイ学派であるが、ハザラ人はシーア派)

少しでもお話を聞くと、遠い遠い国の話には思えなくなります(T_T)誰もが必死に平和な生活を願っているよう。
(女性の参政→http://www.afpbb.com/article/politics/2631856/4460910
良い選挙結果、良い政治がおこなわれて欲しいです。(日本もな。)そして貧困や教育のなさ(識字率やジェンダー意識、保険の知識など)、医療などの公共サービスのなさによって苦しみにおいやられるのは子供と女性だと強く思ったのでした。

sewingclass.jpg
洋裁の授業は人気!^^

お・ま・け 

不毛の地にじゃがいも畑が美しいバーミャン。中央の穴は石仏があったところ
一帯は(幾分差別されているらしい)ハザラ人の街。タリバンは一帯を焼きはらおうとした。
px480_01.jpg

世界遺産!!なんてきれい!!
20061218_203631.jpg
nice!(41)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

講演会に行ってきました。 [時事]

誰の講演会かというと・・。原丈人さん^^
とっても素敵な方でした[るんるん][るんるん]
すっかり洗脳されたワタシ[わーい(嬉しい顔)][グッド(上向き矢印)]
いや~スゴイなぁ[揺れるハート]

僭越ながら。軽くプロフィールなど。[iモード]
欧米を拠点にする日本人実業家。1952年生まれ。
スタンフォード大学経営学大学院・工学部大学院修了。
在学中に光ファイバー事業を起業して成功。
90年代にかけてのシリコンバレーを代表するベンチャーキャピタリストの一人。
現在 DEFTA PARTNERS グループ会長
日本国政府財務省 参与
アライアンス フォーラム財団 代表理事
その他タイトルたくさん。。。
共和党がメダルをあげるといっても断り、グリーンカードを取れと言われても取らない、
気骨の日本人である。
ほぼ日刊イトイ 対談→http://www.1101.com/hara/index.html

メモ書きで失礼いたします。内容を軽く・・・。
まず基幹産業の変遷のおはなし。[船][ブティック]
80年前は繊維、40年前は鉄鋼・・そして、シリコンバレーの時代。[phone to]
2015年~2020年にはITは成熟期を迎え、もう雇用を増やしたりはしないだろう。
現在、ポストコンピューター産業をアメリカ、イギリス、イスラエルで開発中。

そして、公益資本主義のおはなし。[ひらめき]
公益資本主義;会社の事業を通じて、公益に貢献すること
「会社の事業を通じて、会社が関係する経営者、従業員、仕入先、顧客、株主、地域社会、環境、そして地球全体に貢献すること。」日本人なら当たり前とも思えるこの理念は、日本の先達経営者たちが作り上げたもの。しかし、近年、アメリカ式金融資本主義の流れに乗らない産業資本主義は低く見られてきた。

アメリカ流資本主義は、実際に人々を幸せにする資本主義ではないのではないか。[ドコモ提供]
CEOの給料は一般社員の300倍。もともとは30倍だったのに。日本は10倍。
2007年のヘッジファンドマネージャー上位10人の個人所得は日本年の1.74兆円。
トヨタ自動車の純利益(1.71兆円)を上回る金額であった。[車(セダン)]

IT産業の発展で株主が儲けたことから、株主の考えは投資から投機に変わってしまった。[銀行]
会社を育てるという考えよりもマネーゲーム。一年以内の株主が多い。
貪欲な経営は市場万能主義・株主至上主義で正当化される。
**航空会社・・不景気のため340億円の給料を減らし、経営者は200億円のボーナスを受け取った。[飛行機]
 「経営報酬は市場に基づいている。株主と経営者の長期的利害関係を合わせるよう設計された。」
中長期の開発ができない仕組みになっている。

ポストコンピューターの新技術がないと、クライスラーのようになる。
コア技術は大きな産業ストラクチャーを生む。
他国がマネーゲームをしている間に、日本は技術にお金をかける[目]
**どうもアメリカは、金融危機を経験しても金融資本主義、株主主義を変えないらしい。
 同じ流れをまた作る事が利益をつくると信じている。

金融資本主義・株主資本主義的な考えを転換し、新しい資本主義の形をつくる。

そして、バングラディッシュでの次世代技術を活用した情報通信技術の展開 のおはなし
デフタが60%、40%は現地のNGO、bracの出資
bracNETというデータ通信と音声通信をめざした、ワイヤレスブロードバンド インターネット接続会社を設立。
(brac=Bangladesh Rural Advancement Committee 農村向上委員会)
光ファイバーは高いため、ポストコンピューターである、最先端無線技術WiMAXを活用。[雷]
 
2年間でインフラ整備、固定電話会社の買収を行った[電話]
従業員に外国人はいない形をとり、経営の心と技術を移植する考えで運営。
農村での遠隔の医療と教育を可能にした。[病院][ペン]
10億円の利益だと、40%がNGOで無税なので4億円が公益に還元できることになる
寄付とは違う事業モデルを育成した。(パチパチパチ[exclamation×2]

現在、ザンビアの発電所や輸入医薬品ではなく伝統的薬草などで現地で薬を開発できないか検討中。
また、穀類ではない、現地で作れる高タンパクの「スピルリナ」をアフリカで開発中。

時代はどのように動いていくのでしょうか?ちょっと楽しみになった、良いおはなしでした^^[ハートたち(複数ハート)]

Image1269.jpg  41CoQxPeS5L__SL160_.jpg



おまけ
Image633.jpg
プリン失敗しちゃった(・_・
nice!(33)  コメント(21)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

アカデミー賞、NYコレクション、そして温暖化 [時事]

090225_academy_main.jpg
アカデミー賞、素晴らしかったです~^^
ヒュー ジャックマンのダンスもこの日の為の映像もすごかったし、なによりも往年の名俳優が一人ずつノミネートされた俳優を紹介するスタイルが素晴らしかったです。アン ハサウェイのウルキラの瞳、ショーン ペンのハニカミ、ブラッドピットの嬉しそうな顔。。演技ではない、素の素敵なお顔でした^^ ブラピの隣のアンジーもプレゼンターの演出に大ウケして笑ってたりして、ずっと前のヤバイ印象よりもエレガントな女性に見えて素敵でした。目じりを下げて笑う優しい顔が珍しくて。強気でシリアスな役が多いからかな?
090225_academy_sub1.jpg090225_academy_sub2.jpg

私はWOWOWも契約したばかりだし、以前はあまりTVを見なかったので、今年グラミーもオスカーも初めて見ました。話によると例年の派手さは抑えられていたとのこと。ファッションも抑え目ということですが・・充分ではないでしょうか?^^ 充分華やかで、素敵です。素晴らしい演出は何もお金をかけることではないということですね。

一方、先週はニューヨーク コレクションも行われていましたが、こちらもおとなしめだったようです。協賛社はマクドナルドとバービー。不調なラグジュアリー ブランドに比べて好調なようですが、コレクションの協賛社としてはちょっと意外。また、こういう時の招待状はブランドを主張するためにとても派手になるものですが、今年は実に普通なものが多く、もらった方は「どのブランドか区別がつけにくい」という声もあったそう。そしてマネキンに衣装を着せていたり、衣装を着たモデルがただ番号をつけている、という展示会方式もとられたそうです。そして、コレクションの内容は「売れる」ように見える、バイヤーを意識したものが多かったとのこと。(ちなみに特徴としては80年代を意識したものが多いとのことです。やや肩ハリ&ボディコン、懐かしのゴージャス時代の回帰みたいです)ファッションは芸術なのでさみしいしたくさんの会社が苦労してやってるんだろうけど、、充分ではないでしょうか?パリコレなわけじゃないしね・・^^;。ちょっと今は100万円を超えるバッグや服とか、1億超えるジュエリーとか、グローバルにKYな気分。

20090223-020215_S.jpg20090223-020216_S.jpg
展示会形式のブランド

20090221-020019_S.jpg20090221-020022_S.jpg20090218-019675_S.jpg20090218-019697_S.jpg20090219-019807_S.jpg20090219-019816_S.jpg
ラルフローレン2点        デレク・ラム  ナルシソ・ロドリゲス アナスイ2点  

考えるに、世の中は企業の都合でものを作り過ぎ&お金を使い過ぎなのでは?どんどん発売される新製品や型遅れであるというだけで激安だったり無料だったり、それでいいはずはないと思います。こんなに携帯あってどうするの?そんなに車いるの?会社都合で、お金を儲けたい人が生産と宣伝ばかり進めて、消費者はもうお腹いっぱいなんじゃないでしょうか。どんどん作って宣伝して、どんどんお金を貸して、あら売れない、どうしましょう、ということで消費者にツケが回ってくるのは困ります。健全な世界の為には、会社を救済したり需要を喚起したりする景気回復とはまた別の社会改革も必要な気がします。少し前まで勤めていた会社では、「新製品をどんどん作りだしていく力のある会社じゃないとダメ」と言われていましたが、この金融危機が様々な政策を見直すきっかけになればと思います。経済の停滞を願っている訳ではないけど、何か狂ってる感じがするので。そもそも無用な生産活動こそがCO2排出と温暖化をますます進めている原因なので、何事も健全になってほしいと思うのです。

24日、オバマ大統領が施政方針演説をしました。
要旨  http://www.asahi.com/international/update/0225/TKY200902250213.html
具体案はこれからにせよ大事な事はおさえられているようでした。「黒字は未来に対する投資の機会ではなく、富める者に富を移転する口実になってしまった。手軽に利潤を得るために規制は骨抜きにされ、健全な市場は犠牲になった。」「今後3年間で再生可能エネルギーの供給を倍増させる。」「公的資金を受ける企業経営者には巨額の賃金を受け取らせない。」「すべての米国人が良質で手が届く医療制度をもたなければならない。」「風力や太陽光など再生可能エネルギーを倍増させる。」「温室効果ガスの排出を抑える排出量取引制度を盛り込んだ法律を可決させるよう」等々。ブッシュ政権がアホすぎただけですが、従来の「不都合な真実」を明らかにしていることだけでもすごいと思います。ひとつひとつ実現できることを祈ります。

ところで、こんなのがあるみたいでちょっと興味があるのですが一日かかるみたい。行けても、寝そう^^;色んな研究が進めばいいですね。未来への希望を感じさせます^^。
日本ブラジル環境セミナー
「気候変動対策における日本・ブラジルの役割と協力の可能性」http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/event/sem_090313.html

ところで、NYコレクションに協賛していたマクドナルドはこのご時世に好調らしくて、WBCの野球の日本のヘルメット?というの?にもマックのマークがありました。私は小さい頃の悩みの種が、父がゴルフと野球でTVを占領することだったのですが、そんな私でさえさすがに見ました。松阪が投げてイチローが打つ姿におぉーっと。まだ練習試合というのに、オールスター戦みたいな観客の賑わいにびっくりです。そして・・・マスターズも見そうな予感が・・。

どうもアカデミー賞やこのWBC人気を見ていると、世の中の興味は、「心の癒し」、「生き方」、そして「希望」のようですね^^。侍JAPAN、応援しようと思います^^ おくりびとも見てないし、スラムドッグも楽しみです^^
では~^^/
nice!(36)  コメント(26)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

キューバは今。 [時事]

次はキューバです。革命によって理想は実現できたのでしょうか。

125px-Flag_of_Cuba_svg.png
キューバ共和国 
面積は110922平方キロメートル(日本の本州の半分) 人口は1124万人、首都はハバナ
民族はムラート(スペイン系白人と黒人の混血)37%、欧州系白人51%、黒人11%、中国系1%、ほかにメスティソ(白人とインディオの混血)1959年のキューバ革命より、多くの白人や中産階級が欧米に亡命した。
2006年7月、カストロ前議長は腸内出血による緊急手術を受け、弟のラウルに権限を暫定的に委譲。しかしラウルも77歳の高齢のため、後継者にも関心が集まっている。

<革命後の国民>
キューバ革命後、政府は教育と社会福祉部門に力を入れ、高い識字率と医療の無料化を実現した。国民の大半は高校を卒業し、医師は165人当たり1人と世界一多く、乳児死亡率も1,000人当たり6.5人と先進諸国並み。チェルノブイリ原発被災児を毎年100人以上無料で受け入れている。しかし、国民の生活は物資不足により耐乏生活が長く続いている。生活に満足する農民がいる一方、若者はアメリカ文化や物資、自由を求める志向が強く、何十万人もの多くのキューバ人がアメリカに亡命している。

<経済情勢>
革命以前の20世紀初頭にはアメリカ資本によって鉄道・道路・近代的製糖工場が建設され、モノカルチュア(単一作物生産)と米国に依存する経済体制が出来上がり、アメリカ資本と結束した少数が、富を独占する格差社会が出来上がっていた。
1959年のキューバ革命後、1961年に農地改革と土地の国有化を断行し工業化を推進。62年にはキューバは米州機構外相会議で除名され、64年にキューバ経済封鎖措置が決まり、メキシコを除いて国交断絶となった。(65年3月にチェ・ゲバラはキューバを去る)その後はソ連に大きく依存する経済体制で、1970~76年には社会総生産の成長率は平均9.6%を記録したが、その後は砂糖価格の下落、開発の遅れ、慢性的貿易赤字により経済成長は停滞。90年代初頭にはソ連圏の崩壊によって壊滅的な打撃を受ける。加えて、相次ぐアメリカの経済封鎖により、食糧不足にまで追い込まれた。状況を打破すべく93年より外貨所持解禁、自営業の許可や農作物の市場創設などの経済改革を導入したが、革命でなくなったはずの貧富の差や汚職問題が発生。2005年頃より外国での医療のビジネス化、ベネズエラや中国との貿易や観光業の著しい発展によって好調な成長を見せ、2006年には12.5%の成長率を達成。しかし2008年は世界的金融危機とハリケーンのため4.3%の成長率にとどまった。

<アメリカ>
経済封鎖は上記の通り。1961年にはアメリカ指揮による亡命キューバ人のヒロン湾攻撃が行われたが、キューバ軍はこれを撃退。(そしてキューバ危機は米ソで解決。)その後は数度に及ぶカストロ暗殺計画、ハバナの地下道の爆破計画、農村への有害虫の大量散布等々、嫌がらせはつきないらしい。キューバは、92年国連総会に、「国際法に違反するアメリカによるキューバ制裁の解除を求める決議」を訴え、賛成59、反対3、棄権71で可決された。以後の決議では、反対はほぼ同じだが、棄権票が賛成票に移行し、2000年には賛成167、反対3、棄権4となった。(日本は98年から賛成国。)アメリカはこれに対して「キューバの人権侵害」を対抗提案した。なおキューバにあるアメリカのグアンタナモ収容所は、1903年のグァンタナモ湾永久租借の契約を盾にしたものである。

<活発化する外交>
2008年11月 
胡錦濤中国国家主席がキューバを訪問。
2009年1月21日 
キューバを訪れたアルゼンチンのフェルナンデス大統領は、病気が案じられているフィデル カストロ前国家評議会議長(82)と会談。とても健康そうでオバマ氏を「誠実な人物で、政治指導者として良い経歴や良い考えを持っている」と評価していたという。
1月30日 
ラウル・カストロ国家評議会会議議長が、同国の国家元首として約25年ぶりにロシアを訪問。メドべージェフ大統領と会談し、戦略的パートナーシップの覚書を交わした。ロシア側は、ハリケーン被害に悩むキューバに2万5000トンの食料支援を行い、ロシア製品購入のため2000万ドルを融資すると表明。
2月12日 
チリ、バチェレ大統領がカストロ前国家評議会議長とハバナで会談。健康そうで頭の回転も速かったとのこと。
20090213-00000044-jijp-int-view-000.jpg←なにゆえアディダス・・・。
4月 
メキシコのカルデロン首相は、前大統領時代に冷え込んだ関係を修復すべく4月にハバナを訪れる予定。

ドイツのシュピーゲルは、「これはオバマ米大統領がキューバへの家族の帰還訪問と送金に関する制限(ブッシュ時代に強化された)を撤廃すると発表したことによる」と指摘している。オバマ大統領はさらに、ラウルとの対話や、経済封鎖の撤廃も示唆しており、EUも、キューバへの協力の再開を決めて、まず2,500万ドルの開発援助が行われる予定だ、表明している。

che_guevara_fidel_castro.jpg
エルネストさん、どう思う?^^
nice!(27)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ボリビアは今。 [時事]

朝日新聞にボリビアのニュースが載っていたので、今のボリビアはどうなっているのか気になって調べてみました。

ちなみにゲバラは1997年、遺骨が発見されキューバ・サンタクララの霊廟に戻りました。キューバでは「帰国を迎える週間」が設けられ、多くのキューバの民衆が迎えたようです。これを機にキューバとボリビアのわだかまりも溶け、ボリビアでも、ボリビアにおけるチェ・ゲバラ研究が進んでいます。
125px-Flag_of_Bolivia_svg.png
ボリビアは首都はラパス(憲法上の首都はスクレ)。面積は110万平方キロメートルで日本の約3倍。人口は1,002万人。4.民族、先住民55%(ケチュア族が約30%、アイマラ族が約25%)、混血32%(メスティーソ)、欧州系13%の構成。

1. エボ・モラレス大統領
多くの反乱や政権交代を経て2005年12月に、ボリビア史上初の先住民出身のモラレス大統領(社会主義運動党)が就任(現49歳)。政治姿勢は反米主義で、ベネズエラのチャベス政権、キューバのカストロ政権との連携を強めている。
貧富格差の是正、先住民の権利拡大を掲げ、スペイン語だけでなく36民族の言葉が公用語となった。米国主導の急速な自由化にも反対し、2006年には国民への利益還元のため天然資源の国有化を訴え、ガス輸出価格大幅引き上げの意図を表明した。2008年には国民投票で67%の支持を得て、12月に新憲法承認の国民投票を実施することを発表。新憲法は、貧農への土地分配や先住民族の権利、天然ガス資源の国家管理などが盛り込まれているもの。

2. 先住民の虐殺事件
これに対し、白人や富裕層によってガスパイプラインを破壊するなどの暴力によるボイコットが行われ、2008年9月11日には富裕層の住むパンド県で先住民の虐殺事件が起こった。30人以上が殺され、多数が負傷。行方不明は100人以上。拘束した先住民の耳を切るなどの拷問も行われた。ボリビアではメディアを富裕層が握っているため、多くのメディアでそのような事実はないと報道された。
この黒幕は、駐ボリビア米大使ゴールドバーグである。ゴールドバーグは「民族・宗教運動」の名のもとのユーゴ解体、コソボ独立のキーマンであり、ボリビアで社会主義運動党のモラレスが大統領に就任してから、政権転覆のため同じ手法で活動した。富裕層地域の独立運動から政府の独裁批判を引き起こし、民主化を掲げ政府を倒すものである。反動勢力の自治体に資金を給与し、各県知事と連携をとり指揮してきた。

3. モラレス政府と国際世論
モラレス政府はゴールドバーグの国外退去を通告。パンド州知事を、虐殺の責任を問い逮捕。そして中南米諸国の民衆は虐殺と政府転覆策動を糾弾し、「アメリカはボリビアから出ていけ」などの抗議運動がおこった。9月12日にはアルゼンチンにてボリビア系住民など1万人が、米大使館に向けてデモ行進を行っている。
アメリカ国内でも、「国際行動センター」が14日、モラレス政府と社会主義運動党を支持する声明を発表した。「われわれは、ボリビアの大多数の農民や先住民に恩恵をもたらす社会改革を阻止しようと、ボリビアに内政干渉するアメリカ政府に抗議する。東部四県の分離独立運動にたいする支援を中止するようアメリカ政府に要求する。東部四県の豊富な天然資源はすべてのボリビア人民の財産であり、天然資源から得られる収入は公正に分配されなければならない。」
米大使の国外退去というモラレス政府の決定は支持された。

南米諸国連合(UNASUR)は事件後直後に真相を究明する委員会を設立。12月3日にこれを反政府側の虐殺と認定し、人道に対する罪であると告発。(アメリカの関与に関しては不明)

4. 新憲法可決
2009年1月25日、国民投票で60%の賛成を得て、新憲法案は可決された。モラレス大統領は、25日夜、大統領府で演説し「今日から新たなボリビアがつくられる」と述べ、新自由主義、大土地所有そして植民地主義の終わりと新しいボリビアに向けての再構築を宣言した。
新憲法は先住民族の権利に加えて、調和のとれた共存を目指す「良き生き方」を基本的なモラルとして定めた。また、経済モデルには「経済的な余剰を社会政策を通じて公正に再分配する」、「すべての経済組織が尊厳ある仕事を生み出し、不平等の削減と貧困の撲滅に貢献する義務がある」等がうたわれている。

しかし国民投票の結果は、先住民族の圧倒的な賛成と、非先住民の多い東部低地諸県での反対というわかりやすい結果となり、憲法の内容を実現していく困難が予想される。


che.jpg
エルネストさん、どう思う?^^
nice!(28)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オバマ大統領 就任式 見ました。 [時事]

昨日は同級生諸君が慰労会をしてくれて、おいしいお酒にウキウキして帰りました。忙しいのにありがとう!オバマ大統領の就任式を見ながら「ありがとうメール」を送ったら返事がないので、遅い時間にメールして悪かったなぁ・・と思ってましたが・・・朝起きたら、3時半位に「帰途についてます」という酔っ払いメールが来てました・・・。飲みすぎ!笑 

view7648640.jpg
就任式、すごいですねー。200万人の大群衆ってホントでしょうか?トイレとか警備とか飲食とか寒さに倒れる人とか、大丈夫だったのかしら。全然そういうニュースないけど。でも大きな事故がなくて良かった。
初のアフリカ系有色人種の大統領。それはすごい事です。でも、これがアメリカが良い時代のことだったらもっとすごい事だったんじゃないかなぁ。そうしたら素直にこの人種的観点での歴史的な意義を実感できたのだけど。やっぱり新しいことに対して変革への期待票が多かったわけで、現状がどれだけ悪いのかという証しでもあるのは皮肉な事です。もちろんご本人の実力・魅力・パワーがあればこそのことで、世の中が求める救世主が彼だったという事で十分なのだけどね。

人種差別と言えば、私は小さい頃、ハリーポッターの学校みたいな所に夏の間行ったのですが、(当たり前だが魔法学校じゃなくてお屋敷で泊まりの、ということ爆)初日到着したら、私と友達のベッドだけ部屋じゃなくて廊下に置かれていたのです。子供だからその意味はわからなかったけど今思えばすごい差別だったなぁ。そしてそういえば黒い肌の子供はいなかった。どーゆー所に連れてったんだ、私の親は・・・。でも父が交渉して部屋に入れました。ちなみに子供同士は全く差別意識なしでした。と、ノンキな私は記憶しています。

スピーチはおおげさな言葉ではなく、今の危機を見つめた上で国民を鼓舞するような良いスピーチだと思いました。これでアゲアゲのスピーチだったら嘘っぽかったけど、就任式のお祭り騒ぎ気分を収めてこれからの一人ひとりの義務と責任を認識させるものがあったと思う。実際、オバマさんは課題の多さに憂鬱なはず。話によると2008年の10月、11月、12月で恐ろしいほどの量、今までの200年分の紙幣を一気に印刷していたらしいです。これの恐ろしい影響がいつ出るのかは考えたくないです・・・神様世界を助けてください。。。

○○人は・・などと言ってしまうと国ハラスメントになってしまうのだけど、、、「ブームやスローガン」に盛り上がる傾向は強いですよね。かなり前ですが、「Xmas商戦と顧客満足研修」というのでNYに行きました。本当に「customer satisfaction」が死ぬほどはやりまくってて、到る所にでかでかと書いてあり、ホテルの部屋にもCUSTOMER SATISFACTIONとパネルがドカッと置かれているのですね。ところが、肝心な色んなサービスは間違えまくるのです。大声で主張しているのに実情が違う。また、911の時はあれだけ消防士の皆さんを持ち上げて騒いでおきながら、救助による障害の医療保障が満足になされなかったようで。私としては、大きく掲げるならその通りの事をすべきだと思うので内容が伴わないととても空虚に見えるのでした。

まぁ、そんな良くない事ばかりあげてしまったけど、大群衆が集まって期待度の高いイベントだったからこそ、これからが本当に良くなるといいなと願っているわけです。この難しい時代に、真の変革につながれば、と心から祈っています。m(_ _)m
オバマさんの娘さん、可愛いねー^^
nice!(47)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オリンピック~♪ [時事]

内柴さんが、金メダル取ったーー!!
おめでとう♪おめでとう♪谷さんも中村さんも銅メダルおめでとう♪
谷さんのご主人の、「ボクには金に見える」の言葉がぁ泣けましたT▽T
いずれにせよすっかり内柴さんのファンになった私です^^

聖火リレーの時から複雑~な気持ちで、北京ていつからだっけ位にあまり興味がなかったのだけど、こうやって始まってみると、この4年に一度の祭典を目指して究極まで頑張ってきた人々に世間の不条理な事情は関係ないと思いました。なので、気持ちを込めて応援することにしました♪♪

一方、参加国の誇り高き入場行進や、選手のピュアの思いの外側にはなんときな臭い政治が渦巻いていることでしょう。どうもロシアは結構前から会場近くではなく、郊外別荘地のホテルを借り切って皆さんで泊まっていたらしいのですが、8日?だか?に選手も選手村からそのホテルに移動したらしく、グルジア侵攻はすでに予定されたものだったようです。ロシアは「紛争地域の平和維持を果たしている」とか言っちゃって、えー、そのために2000人も死んでしまうってどういうことなのーって思います。南オセチア、人口7万人しかいないのにー。

グルジアによるとロシアが仕掛けたと言っているけど、もともと、グルジアも親ロシアの南オセチア自治州を制圧したい、ということで、こうなったらイラクに送った軍隊を全部呼び戻して、絶対になんとかするぞ状態になっています。本来は少数民族の問題なのに、親欧米に向うグルジアとロシアの利権によって、大きい世界の勢力争いになってしまいましたー ̄□ ̄;!!

どうしても話し合いが出来ないものなのでしょうか??だって、殺人事件だって大変なことなのに、国家のためなら命を奪ってもOKなのはおかしいです。。。国際オリンピック委員会IOCは「五輪休戦できるように国連が頑張って欲しい」と声明を出したけど、そもそも戦争やめるように国連に頑張って欲しいと思います。当事国間で話し合いができないんだったら。

中国は「メンツつぶされた!」って怒ってるけど・・メンツって・・・うーん・・その前に餃子的メンツは・・・。
中国は支配国の締め付けを緩めるとあっちこっちで旗揚げされて大変、ってことで。。。ロシアもグルジアも同じ状況のようなんですけど。そもそも、どうしても支配しなきゃいけないものなの?国土や勢力範囲が広いと素晴らしくお得なことはわかるけど、そんなに嫌がってるのにどうしてもそうしなきゃいけないのかな?そして、ミャンマーはどうして国民を幸せにしないのでしょうか?北朝鮮は何故罪のない人を拉致するのでしょうか~?一般人にはわからないことばっかりです。もしかしたら私は征服されたことのない国の幸せボケなのでしょうか(・_・;?

グルジア選手は一時引き上げが検討されましたが、予定通り参加するそうです。とにかく、オリンピック選手の皆さんが悔いなく実力発揮できますように!!
明日は北島選手頑張って~>▽<! 
おやすみなさい~休暇の方は楽しんでください♪♪

nice!(15)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

日記 [時事]

今日、人気のない駅構内を歩いていたら、男性とすれ違ったのですが。その方には申し訳ないけど、一瞬「刺されたらどうしよう」と思ってしまいました。普通の身近な繁華街である秋葉原の事件や、マンションの隣人による殺人事件とか・・・。全く、何が起こるかわからない、悲しい世の中ですね。

先日の「Re-Style ライブ」で行われた、少年のスピーチの朗読ですが、こんな内容があったように思います。(間違ってるかも)
「(他国の貧困の姿を見て)この人たちも、自分と同じように、誰かの子供であり、または親であり、家族の一員です。地球上の人が、みんな相手のことを家族だと思ったら。地球全体が大きな家族のようなものだったら。決して(貧困や環境問題も)他人事ではないはず。」

このように思えたら、知らない人も、自分と同じように親がいて、子供もいるかもしれなくて、誰かに愛されて、たくさんの人に必要とされて、かけがえのない存在だって思ったら、人は殺せないですよね???

携帯のサイトに、いちいち犯行を説明する書き込みをしていたとのこと。他人に親身になれないのに、携帯の向こうにいる、知らない人々には、心の内を訴えたいのでしょうか???つまりは、ネットでの発信は、人の気持ちを理解したり、情の深さに関わるものではないのかな??匿名から不特定多数への働きかけという状態は、結局責任のない、自分だけを見ている行為なのかな???私もブログというものにこれを書いているわけですが。。。たぶんそれは人によるし、関わり方によっても実りの多いものにできると思う。でも、やはり顔を見て、話して、つちかう人間関係は必要であり、それにかなうものはないということだろう。当たり前か^^;

いずれにせよWWWというものが地球上にはりめぐらされてから、世の中はとても便利になって、携帯一つあれば世界中とやり取りできる世の中になった。もしかしたら、情報量やその速さに、人間が本当はついていけてないんじゃないんだろうか・・?PCの画面のその向こうに気が行って、人との関係が疎遠になったり、感情や自然の「気」を感じるような経験をなくしているんじゃないだろうか。だから、生き物としてフツーの本能である、愛情や社会性なんかが欠けたりするのかも・・。

ある芸術家さんが言ってました。「人は美しい言葉や芸術がなくては生きていけない。美しいものには崇高な力がある。ところが人間はこの200年位の間、経済や科学が自分を幸せにしてくれると思って、とても大事にしてきた。全てに物質的なものを優先させてきた。今、美しいものや夢がもっと大切にされなければいけない時がきている。」 

私の毎日も、消費社会にどっぷりはまっているけど、自然の一部である、人間らしさはできるだけ失いたくないなぁと思うのでした。
おやすみです^^
nice!(7)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ミャンマー サイクロン [時事]

先日の夜中の地震はなかなか微震がおさまらず、「このまま大地震になったらどうしよう」と眠れなくなりましたが、幸いなことに今はぬくぬくとした週末を迎えております。。。

ミャンマーの新憲法の賛否を問う国民投票が、延期を願う多くの声にも関わらず行われました。新憲法は民主化を鑑みたものではありますが、大統領の条件として軍事知識をあげ、議員の1/4は軍人、そして議員および大統領は外国の影響を受けていないことを条件とされ、亡夫が英国人のスーチーさんを政治から締め出す目的、軍政の権力維持があからさまなもののようです。

サイクロンは避難勧告もされず、現在死者推定10万人、衛生状態の悪い悲惨な状況にあるらしいです。ミャンマーのTVや新聞では連日軍政幹部が援助物資を配る様子が報じられているようですが、軍政高官が行くところのみの模様。軍事政権は人的支援の受け入れを拒否しており、「準備ができていない」ということでビザの発給を拒んでいるそうです。世界食糧計画WFPはヤンゴンに到着したビスケットなどの救援物資が軍政に押収されたことを明らかにして輸送中断を表明しました。アメリカ政府の災害対応支援チームはバンコクで待機していますがまだミャンマー入りが認められていないそうです。

国連は今後6ヶ月の支援のために約192億円の緊急拠出を国際社会に求めているそう。それらはWFPやユニセフなど10の国連機関とNGO団体で支援に使われる予定。また救援物資の押収や支援要因の拒否を非難。日本を含め各国が早期の受け入れを軍政に求めているようです。

そんな状況の中、ユニセフの現地事務所では、131名の現地スタッフが支援活動を始めているとの事。
見るだけでも↓
http://www2.unicef.or.jp/jcuApp/servlet/common.FwControl?cd=M52&pg=39

また、温暖化によって、台風の脅威は今後も増えるらしいです。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。